静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

広島原爆で被爆、ミサコのピアノ 11日、静岡で平和の音色披露

(2018/8/5 07:50)
「ミサコのピアノ」のコンサートをPRする主催団体の関係者=静岡市葵区
「ミサコのピアノ」のコンサートをPRする主催団体の関係者=静岡市葵区

 県労働者福祉基金協会は11日午後1時から、静岡市葵区の静岡音楽館AOIで演奏会「ミサコのピアノ~広島の被ばくピアノが奏でる平和の音色」を開く。広島市在住のピアニストらが被爆した「ミサコのピアノ」で平和を祈りながら楽曲を披露する。
 「ミサコのピアノ」はヤマハ製。1932年に浜松市で製造された。広島に原爆が投下された際に、爆心地から1・8キロの民家内で被爆した。その後、被爆2世の調律師矢川光則さん(66)が修復。松谷みよ子さん作の絵本「ミサコの被爆ピアノ」のモデルにもなった。
 矢川さんは「ミサコのピアノ」以外にも被爆ピアノを修復、所有している。演奏会では矢川さん本人が被爆ピアノの由来などについて講演する。演奏会終了後には、来場者が実際にピアノに触れる時間も設ける予定。同協会の担当者は「平和について考える機会にしてほしい」と話す。
 入場無料だが、事前予約が必要。問い合わせは同協会<電054(270)3963>へ。

静岡芸能・文化の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト