静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

一流演奏、学びに意欲 浜松で国際管楽器アカデミー開講

(2018/8/2 08:19)
受講生を代表してあいさつする北畠志保さん=1日午前、浜松市中区のアクトシティ浜松
受講生を代表してあいさつする北畠志保さん=1日午前、浜松市中区のアクトシティ浜松

 世界トップクラスの演奏家を講師に迎えて公開レッスンを行う「第24回浜松国際管楽器アカデミー&フェスティヴァル」(浜松市、ヤマハなど主催、静岡新聞社・静岡放送後援)の開講式が1日、浜松市中区のアクトシティ浜松音楽工房ホールで開かれた。5日まで、同市出身の5人を含む15~38歳の受講生109人が14人の講師からレッスンを受ける。
 開講式には受講生や講師、伴奏者ら約140人が出席した。受講生を代表してフルートクラスの北畠志保さん(23)=浜松市西区=が「先生方の演奏を間近に聞く中で、多くのことを発見、吸収し充実した5日間にしたい」とあいさつした。
 講師を務めるスイスの世界的フルート奏者ペータールーカス・グラーフさん(89)は「アカデミーの日々が皆さんにとって素晴らしく、かつ刺激的なものであるよう祈っている」と激励した。
 4日には各クラスから選抜された受講生による「プレミアムコンサート」が同ホールで開催される。

静岡芸能・文化の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト