静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

「オペラ座の怪人」舞台装置の設営進む 静岡で7月21日開幕

(2018/7/13 08:02)
「オペラ座の怪人」の開幕を前に、舞台装置の設営が進む大ホール=11日、静岡市葵区の市民文化会館
「オペラ座の怪人」の開幕を前に、舞台装置の設営が進む大ホール=11日、静岡市葵区の市民文化会館

 劇団四季のミュージカル「オペラ座の怪人」静岡ロングラン公演(静岡新聞社・静岡放送など主催)の開幕に向け、静岡市葵区の市民文化会館で舞台装置の設営が進んでいる。
 物語の舞台となるパリ・オペラ座は、歌姫クリスティーヌらが華やかな公演を繰り広げる一方、地下には怪人が隠れすむという設定。会場の大ホールには、舞台の“額縁”となるプロセニアムアーチや巨大なシャンデリアが取り付けられ、荘厳な劇場を再現した。装置の見え方や動きを念入りにチェックした上で、俳優の直前稽古が始まる。
 公演は7月21日から9月17日。問い合わせは劇団四季静岡オフィス<電054(275)3050>へ。

静岡芸能・文化の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト