静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

歴史的建造物継承へ 伊豆の国市風致計画、国が認定

(2018/7/10 07:40)
歴史的風致維持向上計画に定めた重点区域にある国指定重要文化財の江川邸=伊豆の国市韮山韮山
歴史的風致維持向上計画に定めた重点区域にある国指定重要文化財の江川邸=伊豆の国市韮山韮山

 伊豆の国市は9日、歴史的建造物や伝統文化の継承を目的とした歴史的風致維持向上計画について、国の認定を受けることが決まったと発表した。歴史まちづくり法に基づく同計画の認定は県内では三島市、掛川市に次いで3カ所目。11日に国土交通省で認定証交付式が行われる。
 伊豆の国市は2015年に世界遺産登録された「明治日本の産業革命遺産」の23構成資産に含まれる韮山反射炉や、江戸時代に韮山代官を務めた江川家の屋敷で国重要文化財に指定されている江川邸など、豊富な歴史・文化資源を有する。
 計画では、後世に継承すべき歴史的風致として「韮山代官江川英龍ゆかりの江川邸・韮山反射炉界隈(かいわい)の営み」「北条の里と旧下田街道」など六つを位置付け、重点区域には韮山反射炉や江川邸の周辺一帯の約200ヘクタールを設定。韮山反射炉の保存修理事業や、江川文庫の資料を保管する「収蔵館」の建設など、文化財の保存・活用や施設整備に関する具体的な方針も盛り込んだ。
 認定により、計画に定めた取り組みについて国の財政支援を受けられる。認定自治体は全国で68市町となる。

静岡芸能・文化の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト