静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

「恋愛映画」制作 行定、ホ両監督が独自の手法語る 熱海

(2018/7/1 07:52)
自身の恋愛映画に対する考え方などを語る行定監督(中央)とホ監督(左)=熱海市の熱海芸妓見番歌舞練場
自身の恋愛映画に対する考え方などを語る行定監督(中央)とホ監督(左)=熱海市の熱海芸妓見番歌舞練場

 熱海市で開催中の熱海国際映画祭(実行委主催)は3日目の30日、映画祭の審査員も務める映画監督の行定勲さん、ホ・ジノさん(韓国)による対談イベント「恋愛映画の作り方」を熱海芸妓(げいぎ)見番歌舞練場で行った。
 行定監督は「世界の中心で、愛をさけぶ」、ホ監督は「四月の雪」などの作品で知られ、これまで多くのラブストーリーでメガホンを取っている。2人は「恋愛はあいまいだから面白い」などと、自身の映画に対する考え方や制作手法について、ユーモアを交えて語った。撮影時のこぼれ話の紹介などもあり、来場者は興味深そうに聞き入った。
 映画祭は1日が最終日。市内6会場で国際公募審査の選考通過作や招待・企画作品の上映を行う。グランプリをはじめ、各賞を発表する授賞式とクロージングパーティーは午後7時半から、熱海後楽園ホテルで実施する予定。

静岡芸能・文化の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト