静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

友田四段3年ぶり優勝 静岡県アマ将棋名人戦

(2018/6/18 07:43)
西山嵩人さんとの決勝を制した友田敦也四段(右)=17日午後、静岡市葵区
西山嵩人さんとの決勝を制した友田敦也四段(右)=17日午後、静岡市葵区

 第67期県アマチュア将棋名人戦(日本将棋連盟県支部連合会、静岡新聞社・静岡放送主催)の決勝トーナメントが17日、静岡市葵区で行われた。決勝で浜松医科大5年の友田敦也四段(22)=同区=が会社員西山嵩人さん(27)=伊豆の国市=を下し、3年ぶり2度目の優勝を果たした。
 友田四段は9月に東京都で開かれる第72回全日本アマチュア名人戦に出場する。甲府市で開催予定の公開模範対局にも臨み、プロ名人に勝利した3年前の同対局の再現を目指す。
 計15人で争ったトーナメントでは、前回優勝の会社員小野友慈五段(32)=島田市=、同準優勝の将棋教室経営高木秀彰五段(64)=静岡市葵区=が共に敗れる波乱があった。
 決勝はプロ将棋界を席巻する「左美濃急戦」による後手西山さんの攻めを、先手友田四段が粘り強く受ける展開。じっくりとした戦いに持ち込んだ友田四段は、無駄な駒を使わせて優位に立った。終盤は食らいつく西山さんの攻めを受け切って反撃に転じ、勝利をつかんだ。
 友田四段は「(西山さんの)見慣れない形からの攻めに揺さぶられたが、落ち着いて自分の将棋を見失わずに戦えたのが良かった」と振り返った。

静岡芸能・文化の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト