静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

「足もとに眠る」出土品紹介 富士、土器など200点展示

(2018/6/7 09:06)
富士市内で出土した土器などを熱心に観賞する来館者=富士市の富士山かぐや姫ミュージアム
富士市内で出土した土器などを熱心に観賞する来館者=富士市の富士山かぐや姫ミュージアム

 富士市伝法の富士山かぐや姫ミュージアムで、テーマ展「富士を掘る―足もとに眠る原始・古代の遺跡」が7月16日まで開かれている。市内の学校や身近な施設の周辺で見つかった出土品約200点を展示している。観覧無料。
 縄文時代の土器や古墳時代の須恵器、飛鳥時代から奈良時代の銅製刀装具などが並ぶ。展示スペースを富士川・岩松エリア、天間・鷹岡エリア、吉永・原田・大淵エリアなど6地域に分け、各地の遺跡や出土状況を写真パネルで紹介している。
 初日は学芸員によるミュージアム解説も行われた。富士宮市から訪れた佐野総子さんは「富士市出身だけど知らないことが多い」と熱心に耳を傾けた。
 開館は午前9時~午後5時。祝日を除く月曜と、7月3~6日は休館。学芸員による解説は土曜か日曜に1日2回行う。問い合わせは同ミュージアム<電0545(21)3380>へ。

静岡芸能・文化の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト