静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

「オペラ座の怪人」魅力語る 劇団四季俳優増田さん(焼津出身)

(2018/6/6 08:11)
7月から始まる静岡公演のポスターを持つ増田守人さん(右)と中野弘道市長=5日午前、焼津市役所
7月から始まる静岡公演のポスターを持つ増田守人さん(右)と中野弘道市長=5日午前、焼津市役所

 劇団四季ミュージカル「オペラ座の怪人」静岡ロングラン公演(静岡市、静岡新聞社・静岡放送など主催)が7月から静岡市葵区の市民文化会館で始まるのを前に、焼津市本中根出身で同劇団所属の俳優増田守人さん=神奈川県=が5日、焼津市役所を訪れ、中野弘道市長に作品の見どころなどを語った。
 増田さんは武蔵野音楽大声楽科を卒業後、ドイツで技術を磨き、2001年に四季に入団した。これまでオペラ座の怪人の支配人役を千回以上演じている。今回の配役は未発表だが、「この役で静岡の舞台に立てるとしたら何よりの喜び。ミュージカルの鑑賞というよりは、オペラ座の世界を『体験』してほしい」と話した。
 同作は19世紀のパリ・オペラ座を舞台に、地下に隠れ住む怪人が歌姫に恋をする物語。四季による上演回数で「ライオンキング」、「キャッツ」に次ぐ人気作。オペラ座の怪人を県内で上演するのは01年以来、17年ぶり。
 7月21日から9月17日まで計54回上演する。9月2日までの公演分のチケットを販売している。問い合わせは劇団四季静岡オフィス<電054(275)3050>へ。

静岡芸能・文化の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト