静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

磐田の歴史、楽しく「検定」 8日から市観光協

(2018/6/5 07:50)
完成した「磐田歴史検定」の問題用紙=磐田市観光協会
完成した「磐田歴史検定」の問題用紙=磐田市観光協会

 磐田市観光協会は8日から、市内の名所旧跡や歴史の知識を問う2018年度版「磐田歴史検定」の回答受け付けを始める。2年目の今年は市内の歴史研究者らの協力を得て、より高難度の75問を作成。「歴史のまち磐田を訪れるきっかけにしてほしい」と検定の効果に期待する。
 監修を含めた計15人の委員が知恵を絞り、前回の問題を一新。旧石器時代から昭和までの幅広い時代を対象に、文化財や習俗、郷土の偉人に関する設問をそろえた。
 「江戸時代に朝鮮通信使が見付宿を通過した回数は」「旧豊岡村出身の理論文法学者の名は」「戦前に運行した私鉄光明電鉄の速度は」など、歴史ファンをうならせそうな問題がずらり。前回と同様、現地を訪れないと回答が難しい史跡の問題も盛り込んだ。
 前回は9歳から84歳までの120人が回答し、平均点は65点。75点満点が10人も出て、関係者を驚かせた。市観光協会は「今回は満点が出るかどうか」と注目する。
 解答用紙は同協会や市内図書館、交流センターなどに置く。同協会のホームページでも入手可能。会場での試験は行わない。9月30日必着で、解答用紙と認定証郵送用の240円切手を同封し、同協会に郵送するか直接持参する。
 問い合わせは磐田市観光協会<電0538(33)1222>へ。

静岡芸能・文化の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト