静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

アマ作家「私の世界」披露へ 10日、静岡で文学マルシェ

(2018/6/4 17:16)
作家同士の情報交換や交流の場にもなった第1回静岡文学マルシェ=2017年2月、静岡市葵区(実行委提供)
作家同士の情報交換や交流の場にもなった第1回静岡文学マルシェ=2017年2月、静岡市葵区(実行委提供)

 静岡県内外のアマチュア作家が、小説など自主制作作品を持ち寄って参加する創作文芸同人誌の展示販売会「第2回静岡文学マルシェ」(同実行委主催)が10日、静岡市葵区七間町のMIRAIEリアンで開かれる。作家自ら来場して作品を販売する出店者数は昨年の36組から50組に増え、委託販売の作品も岩手県から福岡県まで27作家60作品に及ぶ。静岡発の文学イベントとして県外作家からも注目を集めている。
 一般書店には並ばない、個人の思いが詰まった自主制作作品はファンタジー、恋愛、SFなどの小説から評論、詩歌まで幅広いジャンルが並ぶ。県内からは10代から50代の16作家が出店予定で、県内を舞台に書かれた作品が目立つという。
 昨年に続き実行委員として準備を進めている徒川ニナさん(29)=同市駿河区=は「書き手と読み手が同じ空間で文学の楽しさを共有できる貴重な機会。この場でなければ巡り合えない“運命の一冊”との出合いを楽しんでほしい」と話す。
 会場には近隣にある「スノドカフェ」の飲み物と菓子が味わえるカフェスペースも設置する。入場無料。マルシェは午前11時から午後5時まで。
 問い合わせはスノドカフェ七間町<電054(260)6173>へ。

静岡芸能・文化の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト