静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

「ミュシャ展」女性、優美に 静岡市美術館で開幕

(2018/6/3 07:30)
ミュシャの出世作で、女優サラ・ベルナールを描いたポスターを眺める来場者=2日午前、静岡市葵区紺屋町の市美術館
ミュシャの出世作で、女優サラ・ベルナールを描いたポスターを眺める来場者=2日午前、静岡市葵区紺屋町の市美術館

 19世紀末から20世紀初頭の芸術運動「アールヌーボー」の旗手として知られるチェコの画家、アルフォンス・ミュシャの作品を集めた「ミュシャ展 運命の女たち」(静岡市、同市美術館、静岡新聞社など主催)が2日、同館で開幕した。来場者はミュシャの出世作で、女優サラ・ベルナールを優美に描いたポスターなどに見入った。
 開幕式典には、関係者約140人が出席した。田中豊稲館長は「人気のあるアールヌーボーの作品は、ミュシャの一部。彼の人生を巡りながら芸術に触れてほしい」とあいさつ。同展に所蔵品約100点を出品した静岡市のコレクター尾形寿行さんは「ミュシャの魅力を多くの人が感じてくれれば」と話した。
 幼少期のデッサンから、晩年の油彩画まで、同国の医師ズデニェク・チマル氏と尾形さんのコレクション計約250点が並び、ミュシャの生涯をたどる展示になっている。
 7月15日まで。問い合わせは静岡市美術館<電054(273)1515>へ。

静岡芸能・文化の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト