静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

義元公顕彰へ連携確認 静岡の500年祭推進委、供養祭参列

(2018/5/14 07:49)
焼香する今川義元公生誕500年祭推進委員会の酒井公夫副委員長(中央)=13日午前、愛知県豊川市
焼香する今川義元公生誕500年祭推進委員会の酒井公夫副委員長(中央)=13日午前、愛知県豊川市

 今川義元公生誕500年祭推進委員会(委員長・小和田哲男静岡大名誉教授、事務局・静岡商工会議所)の役員ら県内関係者約70人が13日、義元公の胴塚がある大聖寺(愛知県豊川市)を訪れ供養祭に参列した。1560年の桶狭間の戦いで非業の死を遂げた静岡ゆかりの戦国武将・義元公をしのび、2019年開催の生誕500年祭に向け豊川の関係者に連携を呼び掛けた。
 同委員会として供養祭に参列するのは初めて。副委員長の酒井公夫静岡商議所会頭、今川家菩提(ぼだい)寺である臨済寺(静岡市葵区)の阿部宗徹老大師らが焼香した。酒井副委員長は「静岡でも武将としての優れた能力、政治手腕、今川文化を花開かせた功績が正しく評価されているとは言えない。推進委員会として豊川の皆様と連携しながら活動の輪を広げていきたい」とあいさつした。
 桶狭間の戦いで義元公が織田勢に討たれた後、家臣たちは駿河へ帰る途中で大聖寺に義元公の胴を葬ったとされる。供養祭は豊川の奉賛会が毎年開き、56回目。義元公の命日の19日に臨済寺で開かれる今川神廟(びょう)落慶法要には豊川から関係者が参加予定。

静岡芸能・文化の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト