静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

大橋ピアノ、再生演奏会 「楽器の浜松」築いた名器

(2018/4/12 08:09)
大橋ピアノを試し弾きする森山雪子さん(手前)と冨田健社長=浜松市東区の冨田ピアノ
大橋ピアノを試し弾きする森山雪子さん(手前)と冨田健社長=浜松市東区の冨田ピアノ
再生された大橋ピアノ研究所のアップライトピアノ=浜松市東区の冨田ピアノ
再生された大橋ピアノ研究所のアップライトピアノ=浜松市東区の冨田ピアノ

 「20代の頃、関西のピアノの先生の所にあった。鳴りが良くて弾きやすかった」。森山さんは出合いを振り返る。その後、会社の廃業で購入は困難に。さまざまなピアノを弾く機会があったが、大橋ピアノへの思いは薄れず、中古を扱う冨田ピアノ(同市東区)が再生したアップライトを入手できることになった。
 冨田ピアノはかつて大橋ピアノ研究所に巻線を納めていた。冨田健社長(54)は「独特の音色でタッチがスムーズ」と良さを語る。巌氏が工房で「『計算し尽くされていてロスのない寸法』と自慢していた」という。
 浜松の地はヤマハ、河合楽器製作所といった世界的なメーカーを生んだ。一方、消えていった小規模メーカーも多い。「1台の大橋ピアノを通して、この浜松のものづくりの発展を考えてもらえたら。先輩や先祖が頑張り、それを継承している人がいることを伝えたい」。森山さんはそう話す。
 「大橋ピアノコンサート」(静岡新聞社・静岡放送後援)は14、21の両日とも午後6時半から、南区石原町のモンターニュ石原店で。森山さんが日本の名曲など12曲を披露する。チケット(前売り2千円など)の問い合わせは冨田ピアノ<電053(421)0547>へ。

静岡芸能・文化の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト