静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

大橋ピアノ、再生演奏会 「楽器の浜松」築いた名器

(2018/4/12 08:09)
大橋ピアノを試し弾きする森山雪子さん(手前)と冨田健社長=浜松市東区の冨田ピアノ
大橋ピアノを試し弾きする森山雪子さん(手前)と冨田健社長=浜松市東区の冨田ピアノ
再生された大橋ピアノ研究所のアップライトピアノ=浜松市東区の冨田ピアノ
再生された大橋ピアノ研究所のアップライトピアノ=浜松市東区の冨田ピアノ

 かつて浜松の楽器生産の一画を担ったメーカーの一つ、大橋ピアノ研究所(1995年自主廃業)製のアップライトピアノによるコンサートが14、21の両日、浜松市南区で開かれる。その音にほれ込んだピアニスト森山雪子さん(51)=同市中区=が、ようやく手に入れた大橋ピアノを演奏する。「今の浜松をつくってきた技術者を知るきっかけに」との思いを込める。
 現在の同市中区新津町にあった大橋ピアノ研究所の設立者は大橋幡岩(はたいわ)氏(1896~1980年)。13歳で見習い生として日本楽器製造(現ヤマハ)に入社し、設計や製造に携わった後、58年に同研究所を設立した。浜松のピアノ作りの礎を築いた一人とされる。
 息子の巌(いわお)氏(24~91年)が後を継ぎ、丁寧な手作りを続けたが、巌氏の死去を機に大橋ピアノは幕を閉じた。生産台数は約60台のグランドピアノを含め通算4600台余りと少ない。

静岡芸能・文化の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト