静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

歴史的建造物どう守る 下田でしずおか町並みゼミ

(2018/2/4 07:41)
「開国のまち」として知られる下田市の史跡を見学する参加者=3日午前、同市内
「開国のまち」として知られる下田市の史跡を見学する参加者=3日午前、同市内

 歴史的な町並みや景観の保存活動に取り組む静岡県内外の関係者が集う「第14回しずおか町並みゼミ」が3日、下田市で始まった。14団体の約40人が4日まで、なまこ壁や伊豆石の建築物が数多く残る同市内を視察する。
 県内各地で巡回開催し、伊豆地域は熱海、伊東市に続いて3カ所目。初日は3グループに分かれ、「開国のまち」として知られる下田市の中心市街地を見学した。幹事団体のNPO法人下田にぎわい社中の案内で史跡や、港町の街並みを見学し、伊豆石を使った建物を探した。
 全体会では県建築士会西部ブロックが天竜川流域を対象にした伊豆石建造物の調査結果を発表。2012年度に「120を超す石蔵と塀が確認された」とし、「地域全体でその文化的価値を理解し、守り育てる共通認識が必要」と訴えた。
 初日は外観だけだったが、4日は所有者の協力で内部に入って伊豆石の建築物を見学するという。

静岡芸能・文化の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト