静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

白井さん(藤枝明誠)8強入り 浜松で全国高校将棋新人大会

(2018/1/27 07:58)
準々決勝に駒を進めた藤枝明誠高2年の白井颯太さん=26日午後、浜松市中区のグランドホテル浜松
準々決勝に駒を進めた藤枝明誠高2年の白井颯太さん=26日午後、浜松市中区のグランドホテル浜松
神谷広志八段(左)に、指導を受ける出場者=26日午後、浜松市中区のグランドホテル浜松
神谷広志八段(左)に、指導を受ける出場者=26日午後、浜松市中区のグランドホテル浜松

 全国高校文化連盟将棋新人大会(高校文化連盟全国将棋専門部、県高校文化連盟主催)は26日、浜松市中区のグランドホテル浜松で予選リーグと決勝トーナメント(T)2回戦までを行い、男子で本県大会(静岡新聞社・静岡放送後援)覇者の白井颯太さん(藤枝明誠2年)がベスト8に進出した。準々決勝~決勝は最終日の27日、同所で行われる。
 白井さんは4戦全勝の予選リーグを「逆転勝ちがほとんどで苦しい戦いだった」と振り返り、青森県代表との決勝T1回戦は「負けを覚悟した」。ミスなく的確な攻めを繰り出す相手に対し、我慢を重ねて長期戦に持ち込み、形勢逆転で薄氷の勝利をつかんだ。
 8強入りをかけた同2回戦では、中学時代からのライバルで、友人でもある大城快之さん(浜松北2年)が敗れた。「仲間の分まで頑張る。静岡で行われる大会で優勝したい」と白井さんは前を見据えた。
 女子も秋山実加さん(富士見2年)が決勝Tに駒を進めたが、1回戦で広島県代表に屈した。男子の金子裕樹さん(静岡東1年)、女子の柴玲来さん(清水南1年)、大石凜さん(浜名2年)、勝山明日香さん(静岡2年)、望月咲希さん(静岡北2年)、花村紗良さん(同)は予選で敗退した。

 ■プロの指南に列
 対局室の外では青野照市九段(焼津市出身)や神谷広志八段(浜松市)らプロ棋士が、出場選手を相手に指導対局を行った。プロ直々の指南に、高校生棋士の長い列ができた。
 指導は4面指しで行われ、「強力な駒を遊ばせてはいけない」「形勢を有利にするには『一石三鳥』の手を考えて」などと伝授。各都道府県を代表する選手が繰り出す妙手に、頭を抱えて苦笑いする場面も見られた。
 神谷八段から“金星”を挙げた島根県立出雲1年の本田知里さん(16)は、「自分でもびっくり。攻められた時のかわし方を参考にしたい」と話した。九州学院(熊本市)2年の古荘香弥さん(17)は青野九段から指導を受け、「焦ると強い駒に頼ってしまう癖を見抜かれた。これから直していきたい」と意欲を見せた。

静岡芸能・文化の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト