静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

「最後まで指し切って」 浜松で全国高校将棋新人大会

(2018/1/26 17:10)
選手宣誓する静岡県代表の白井颯太さん(右)と柴玲来さん=26日午前、浜松市中区のグランドホテル浜松
選手宣誓する静岡県代表の白井颯太さん(右)と柴玲来さん=26日午前、浜松市中区のグランドホテル浜松

 第26回全国高校文化連盟将棋新人大会(高校文化連盟全国将棋専門部、県高校文化連盟主催)は26日、浜松市中区のグランドホテル浜松で開会式を行った。静岡県開催は初めて。27日まで。
 全国将棋専門部の安藤耕平会長が「精神力、体力、決断力を発揮し、最後まで指し切ってほしい」と激励し、本県大会(静岡新聞社・静岡放送後援)を制した白井颯太さん(藤枝明誠2年)と柴玲来さん(清水南1年)が「練習の成果を発揮し、正々堂々と戦い抜く」と宣誓した。
 早速、静岡県代表9人を含む男女219人による対局が始まり、真剣な表情で盤上の戦いを繰り広げた。予選リーグと決勝トーナメント2回戦までを勝ち抜いた男女各8人が、最終日に駒を進める。
 出場者を対象に青野照市九段(焼津市出身)と神谷広志八段(浜松市)による指導対局も実施され、決勝は別室で中尾敏之五段(富士市出身)らが大盤解説する。

静岡芸能・文化の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト