静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

繁栄願い新春の舞 浜松の伝統「ひよんどり」「おくない」

(2018/1/4 07:38)
手にしたおのでたいまつの火を打ち消す鬼=3日午後、浜松市北区引佐町の直笛山宝蔵寺
手にしたおのでたいまつの火を打ち消す鬼=3日午後、浜松市北区引佐町の直笛山宝蔵寺
600年以上前から続くとされる伝統芸能「懐山のおくない」で披露された演目「綿買い」=3日午後、浜松市天竜区懐山の泰蔵院
600年以上前から続くとされる伝統芸能「懐山のおくない」で披露された演目「綿買い」=3日午後、浜松市天竜区懐山の泰蔵院

 浜松市内で長年続く国指定重要無形民俗文化財の正月行事「遠江のひよんどりとおくない」が3日、各地で営まれた。地元住民が芸能を披露し、五穀豊穣(ほうじょう)や子孫繁栄を願った。
 北区引佐町寺野地区の直笛山宝蔵寺では400年以上前から伝わる寺野三日堂祭礼ひよんどりが行われた。境内の伽藍(がらん)からお堂にたいまつを入れる儀式の後、保存会のメンバーや地元の子どもが笛や太鼓の音に合わせ伝統の舞を次々に奉納した。
 鬼の舞では赤、青、黒の鬼3匹が勇壮な踊りを披露。気迫のある声を出し、おのや金棒でたいまつの火をたたき消すと、会場の熱気は最高潮に達した。
 天竜区懐山の泰蔵院では、600年以上前から続くとされる伝統芸能「懐山のおくない」が繰り広げられた。保存会メンバーが鬼の舞や獅子舞を奉納したほか、「綿買い」や「駒の舞」など集落のかつての生業にちなむ演目もあった。
 地元の市立清竜中の生徒も舞や笛の演奏で活躍。1年生の男子生徒(13)=同区懐山=は「伝統芸能は地域の誇り。受け継いでいきたい」と話した。

静岡芸能・文化の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト