静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

ドイツの音色聴衆魅了 弦楽四重奏団が演奏会 浜松

(2017/12/7 08:07)
情感豊かな音色で聴衆を魅了するゲヴァントハウス弦楽四重奏団=5日、浜松市中区のアクトシティ浜松
情感豊かな音色で聴衆を魅了するゲヴァントハウス弦楽四重奏団=5日、浜松市中区のアクトシティ浜松

 世界で活躍する名演奏家を招くコンサート「アクト・プレミアム・シリーズ2017」(浜松市文化振興財団主催、静岡新聞社・静岡放送共催)が5日夜、浜松市中区のアクトシティ浜松で開かれた。ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団(ドイツ)の首席奏者を中心につくるゲヴァントハウス弦楽四重奏団が、情感豊かで伸びやかな音色を会場に響かせた。
 カルテットの中でも世界最古と言われる同弦楽四重奏団。フランク=ミヒャエル・エルベン(第1バイオリン)、コンラート・ズスケ(第2バイオリン)、アントン・ジヴァエフ(ビオラ)、レオナルド・フレイ-マイバッハ(チェロ)の4人が、モーツァルトの弦楽四重奏曲第21番やシューベルトの弦楽四重奏曲第12番など4曲を奏で、聴衆約650人を魅了した。

静岡芸能・文化の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト