静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

静岡国際オペラコンクール 11日開幕、出場者浜松入り

(2017/11/10 08:12)
受け付けを行う各国の出場者ら=9日午後、浜松市中区のアクトシティ浜松
受け付けを行う各国の出場者ら=9日午後、浜松市中区のアクトシティ浜松

 3年に1度開催される若手オペラ歌手の登竜門「静岡国際オペラコンクール(愛称マウント・フジ・オペラ)」(県、実行委など主催、静岡新聞社・静岡放送後援)が11日、浜松市中区のアクトシティ浜松で開幕する。8カ国から51人が出場予定。9日に会場で受け付けが始まり出場者が続々と浜松入りした。
 受け付けでは主催者側から出演日程や滞在中の注意点などの説明を受けた。終了後には順次、ピアノと合わせる公式練習を行って本番に備える。受け付けは11日まで。1次予選で全体の4番目、日本人のトップバッターを務めるオペラ歌手安斎里江さん(30)=埼玉県=は「国内での国際コンクール出場の機会は貴重。曲の中で演じる役柄が聞き手に伝わるように歌いたい」と話した。
 本県ゆかりのプリマドンナ三浦環(1884~1946年)をたたえ、96年に始まった同コンクールは8回目。今回は22の国・地域から191人の応募があった。
 1次予選の出場予定者は韓国19人、日本18人、中国6人、ロシア4人など。
 11~13日午後1時半から1次予選、15、16日に2次予選、19日に本戦を行う。木村俊光審査委員長ら11人が歌唱力などを審査する。

静岡芸能・文化の記事一覧

ロード中 関連記事を取得中...

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト