静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

現代の名工、静岡県内9人 卓越した技能たたえる

(2017/11/6 07:30)

 ■重文の修復も手掛ける 木製建具製造工 佐次本武司さん
 15歳で修業に出て、1976年に建具店「佐次本木工」を開店した。誤差0・05ミリ以内の高精度で木材を削り、組子細工などの家具を作ってきた。
 子どものころから自分で竹とんぼを作り、手先が器用だった。周囲の勧めで木工の道を選んだが、「お客さんの喜ぶ顔にやりがいを感じた。性に合っていたのだと思う」と振り返る。
 全国伝統建具技術保存会の理事を務め、重要文化財の修復を手掛ける。研修会では後進の育成にも注力。「業界のみんなに支えられてきた。恩返ししていきたい」と語った。(68歳、掛川市)

 ■祭り屋台100台以上刻む 木彫工 伊藤章晴さん
 約40年間で県西部を中心に祭り屋台100台以上の彫刻を手掛けた。「屋台は祭りの華。豪華に見えるように」と立体感にこだわり、迫力のある獅子や竜を刻む。
 高校卒業後、木型製作会社に就職。20歳の時、富山県の名産品、井波彫刻の写真を新聞で見て、「自分も作ってみたい」と会社を辞め職人に弟子入り。6年間修行し、地元に工房を建てた。仕事がなく苦しい時期もあったが、「彫刻が好き。その一心で続けた」
 手掛けた屋台の引き回しを見ると、充実感があふれる。「何十年も大切にされる物を作りたい」と語る。(66歳、浜松市北区)

 ■「角作り」の技法を考案 寝具仕立工 新貝晃一郎さん
 創業85年を誇る「新貝ふとん店」の3代目店長。18歳から寝具仕立一筋で技能を磨き、「見た目にも美しく寝心地の良い布団」を追求し続けてきた。
 布団の角の先にまで綿を行き渡らせる「角作り」の技法などを考案した。「しわのない美しい布団に仕上げるには、角作りが命。毎日試行錯誤しながら技術を確立した」と振り返る。
 全国寝具技能士会連合会副理事長として、若手への技術伝承にも精を出す。「100年先でもこの最高峰の布団を提供していけるよう、尽力していく」と意気込む。(53歳、静岡市清水区)

静岡芸能・文化の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト