静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

市町向け貸し出し、12月再開 静岡県立中央図書館

(2017/10/27 08:18)
新たに2階閲覧室床に見つかったひび割れ=26日午後、静岡市駿河区の県立中央図書館
新たに2階閲覧室床に見つかったひび割れ=26日午後、静岡市駿河区の県立中央図書館

 静岡県教委は26日、資料棟で蔵書の過重によるとみられるひび割れが見つかり、7月から臨時休館している県立中央図書館について、臨時休館以降に停止している市町立図書館への資料貸し出し業務を12月1日から再開すると発表した。
 再開するのは、利用者の求めなどに応じて市町立図書館が依頼してきた資料を貸し出すサービス。身近な市町立図書館を通じて頼めば、臨時休館前と同様に県立中央図書館の資料を閲覧できるようになる。
 インターネット予約や来館者への直接の貸し出しは蔵書の点検や書棚の整理などの準備ができ次第、再開する予定。
 県立中央図書館では現在、2階閲覧室の床をはがしたり、地盤の状況を確認するボーリングを行ったりして、ひび割れの詳細調査を進めている。床のモルタルやコンクリート部には、1階天井で確認されたのと同様のひび割れが複数、見つかった。
 県立中央図書館は築48年が経過し、県はJR東静岡駅南口に整備する「文化力の拠点」に全館移転する方針。県教委は近く図書館の有識者会議を開き、利活用の在り方に関する基本構想を取りまとめる予定。

静岡芸能・文化の記事一覧

ロード中 関連記事を取得中...

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト