静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

浜松市美術館コレクション選 秋野不矩美術館で開幕

(2017/9/17 07:42)
休館中の浜松市美術館の所蔵作品が並ぶ企画展=16日午後、浜松市天竜区の市秋野不矩美術館
休館中の浜松市美術館の所蔵作品が並ぶ企画展=16日午後、浜松市天竜区の市秋野不矩美術館

 浜松市天竜区の市秋野不矩美術館で16日、同市の政令市移行10周年記念企画展「市美術館コレクション選」(市、静岡新聞社・静岡放送主催)が始まった。市美術館の収蔵品から厳選した日本の近現代絵画作品が並ぶ。11月26日まで。
 初日から家族連れなど大勢が来館し、改修工事のために8月から休館している市美術館の名画を鑑賞した。同館の再開は来年4月中旬以降になる見通し。
 同館は県内初の公立美術館として1971年に開館した。名誉市民の医師内田六郎氏が収集した絵画コレクションの寄贈が所蔵作品群の核になった。特にガラス絵と浮世絵版画は質、量ともに国内屈指の所蔵を誇り、日本の近現代美術を語る上で重要な作品がある。
 企画展では、天竜区出身で名誉市民の日本画家、秋野不矩(1908~2001年)と交流があった浜松ゆかりの日本画家八木幾朗の作品や、市内の個人所蔵で、今回初公開の秋野不矩作品なども紹介している。
 問い合わせは秋野不矩美術館<電053(922)0315>へ。

静岡芸能・文化の記事一覧

ロード中 関連記事を取得中...

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト