静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

童話の王様、青春を描く 劇団四季「アンデルセン」開幕 静岡

(2017/9/14 08:21)
観客の喝采に応える「アンデルセン」の出演者=13日午後、静岡市葵区の市民文化会館
観客の喝采に応える「アンデルセン」の出演者=13日午後、静岡市葵区の市民文化会館

 劇団四季のミュージカル「アンデルセン」静岡県内公演(劇団四季、静岡新聞社・静岡放送など主催)が13日、静岡市葵区の市民文化会館で開幕した。26日まで浜松市と合わせて8公演を行う。
 童話の王様ハンス・クリスチャン・アンデルセンの青春を1983年に初演し、静岡県内では2003年、09年に続く再演。今回は静岡市出身の鈴木涼太さんが、希望と挫折に揺れる純朴な青年ハンスを好演している。
 「親指姫」「みにくいアヒルの子」「はだかの王様」などの名作を織り交ぜて描き、劇中劇「人魚姫」は本格的なクラシックバレエで幻想的なおとぎの世界へといざなった。カーテンコールでは観客から大きな喝采を浴びた。
 同館は17日まで。25、26日はアクトシティ浜松。問い合わせは劇団四季静岡オフィス<電054(275)3050>へ。

静岡芸能・文化の記事一覧

ロード中 関連記事を取得中...

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト