静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

井上文学を五感で親しむ 長泉、9月まで企画展

(2017/3/24 08:18)
触覚や聴覚など五感を駆使して井上文学に親しむ企画展=23日午前、長泉町の井上靖文学館
触覚や聴覚など五感を駆使して井上文学に親しむ企画展=23日午前、長泉町の井上靖文学館

 長泉町の井上靖文学館で、5月6日に生誕110年を迎える井上靖の作品や作品にまつわるものを視覚、聴覚、触覚などを通じて多角的に楽しむ企画展「五感であそぶ井上靖の世界」が開かれている。9月19日まで。
 見る、聞く、触る、嗅ぐ、味わう体験を通じて、幅広い世代に作品理解を促す狙い。代表作「しろばんば」に登場する食事を展示し、「天平の甍(いらか)」に登場する唐代の高僧鑑真ゆかりの花「瓊花(けいか)」の香りを再現した。旧制沼津中(現沼津東高)に通っていた井上が文学に目覚めるきっかけになった友人の詩「カチリ 石英の音 秋」に関連し、石英を打ち合わせた音を聞くコーナーも設けた。
 2010年に同館が募集した「わたしが遺(のこ)したい井上靖のことば」の応募作などから選んだ井上の小説や詩、随筆の名言、名表現約30編も紹介した。徳山加陽学芸員は「井上の作品を読んだことがない方が、本を手にするきっかけになれば」と話した。

静岡芸能・文化の記事一覧

ロード中 関連記事を取得中...

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト