静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

伊豆の国・三養荘、登録有形文化財に 文化審答申

(2017/3/11 08:16)
本館の建造物の一つの客間棟=伊豆の国市墹之上の三養荘
本館の建造物の一つの客間棟=伊豆の国市墹之上の三養荘

 国の文化審議会は10日、平城宮跡(奈良市)から出土した奈良時代の木簡3184点など7件の美術工芸品を国宝に指定するよう、松野博一文部科学相に答申した。

 ■三養荘(伊豆の国) 登録文化財に
 静岡県内では伊豆の国市の旅館「三養荘」本館の建造物7件を登録有形文化財にするよう、国の文化審議会が松野文部科学相に答申した。県内の登録有形文化財は221件になる。
 三養荘本館は、三菱財閥の3代目総帥岩崎久彌の別邸として1929年に建てられた近代和風住宅。中央棟、居間・書斎棟、客間棟、玄関・茶室棟の4棟と、57年に昭和天皇行幸のために増築された御幸の間、昭和初期に建設された待合、露地門の計7件が登録対象となった。
 本館の東側に広がる庭園との調和に配慮した配置と外観で、意匠、造作ともに質が高いと評価される。各棟では京間と関東間(田舎間)が使い分けられ、近代上流住宅の一傾向を示している。戦後は岩崎家の手を離れ、西武グループが取得。47年から高級旅館として営業している。

静岡芸能・文化の記事一覧

ロード中 関連記事を取得中...

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト