静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

天下三名槍、島田に集結 「刀剣女子」が長い列

(2017/2/26 07:21)
大勢の女性たちでにぎわう展示室=25日午前、島田市博物館
大勢の女性たちでにぎわう展示室=25日午前、島田市博物館

 島田市博物館で開催中の刀剣展は25日、「天下三名槍(めいそう)」として名高い3本の槍(やり)がそろい、刀剣ファンの女性を中心に静岡県内外から約1100人が詰め掛けた。午前9時の開館前から長い列ができ、博物館は整理券を配布し約100人の入れ替え制で対応した。
 開館前に行われた集結式では、愛知県の「葵武将隊」のメンバーが槍のパフォーマンスを披露した。三名槍に合わせて3発の花火を打ち上げ、集結を祝った。
 朝から150人以上が並び、午前7時半から先頭で並んでいた神奈川県相模原市の女性は「新幹線の始発で来た。御手杵の槍(おてぎねのやり)のファンで、楽しみだった」と興奮した様子で話した。
 天下三名槍がそろっているのは3月5日まで。室町時代の「蜻蛉切り(とんぼぎり)」の実物(佐野美術館収蔵)、織田信長らが手にしたとされる「日本号」の写し(刀剣博物館収蔵)、島田鍛冶の義助が1574年に鍛えたとされる「御手杵の槍」のレプリカを展示している。
 島田の鍛冶集団にスポットを当てた刀剣展は3月26日まで開催。観覧料500円。

静岡芸能・文化の記事一覧

ロード中 関連記事を取得中...

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト