静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

ハルキスト待望 新刊「騎士団長殺し」静岡県内に

(2017/2/24 17:15)
村上春樹さんの新刊を手に取る買い物客=24日午前、静岡市葵区鷹匠の「MARUZEN&ジュンク堂書店新静岡店」
村上春樹さんの新刊を手に取る買い物客=24日午前、静岡市葵区鷹匠の「MARUZEN&ジュンク堂書店新静岡店」

 人気作家村上春樹さん(68)の新作長編小説「騎士団長殺し」(全2巻、新潮社)が発売された24日、県内の書店には心待ちにしたファンらが訪れ、各店は多くの本を用意して来店者を迎えた。
 静岡市葵区のMARUZEN&ジュンク堂書店新静岡店では店舗入り口付近にワゴンを設け、午前10時の開店直後からファンらが来店し、話題の新作を買い求めた。一番乗りで作品を手に取った同区の主婦(34)は「(村上作品は)毎回話題になっているので、楽しみにしていた。帰ってすぐに読みたい」と話した。計約600冊を仕入れた同店の森本究店長(43)は「単行本でこれだけ入荷するのは異例」と話した。
 複数巻にまたがる長編は2009~10年に出版された「1Q84」以来、7年ぶり。全2冊の今作には「第1部 顕(あらわ)れるイデア編」「第2部 遷(うつ)ろうメタファー編」という副題がそれぞれ付けられている。
 同区の戸田書店静岡本店は計920冊、浜松市中区の谷島屋書店浜松本店は計665冊、沼津市のマルサン書店仲見世本店は計380冊を用意した。

静岡芸能・文化の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト