静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

「命の尊厳伝える」 浜松、劇団たんぽぽ代表が講演

(2017/2/22 08:57)
命の尊厳の大切さを扱った作品について語る上保節子代表=21日午後、浜松市中区のプレスタワー
命の尊厳の大切さを扱った作品について語る上保節子代表=21日午後、浜松市中区のプレスタワー

 静岡新聞社・静岡放送「21世紀倶楽部」(代表・大石剛静岡新聞社社長)は21日夜、2月例会を浜松市中区のプレスタワーで開いた。磐田市を拠点に県内外で公演する「劇団たんぽぽ」の上保節子代表(72)が講演し、劇団創立70周年を記念して命の大切さをテーマに制作した作品「ゆずり葉の季節(はる)」に込めた思いを語った。
 作品は人生の最期を病院ではなく自宅で過ごすことに決めた高齢女性と、女性を迎える家族の葛藤を描いた物語。上保代表は「終活」や在宅医療の問題を扱った理由について、「命の尊厳を若い世代に伝えることが私たちの使命だと思う。自分がなぜ生まれたのかを知る機会にしてほしい」と訴えた。
 「中高生にとってタイムリーな芝居をつくることを心掛けている」と述べ、「舞台から、客席にいる子どもたちと真摯(しんし)に向き合っていきたい」と語った。

静岡芸能・文化の記事一覧

ロード中 関連記事を取得中...

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト