静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

24人が受講 浜松国際ピアノアカデミー最終回

(2017/2/2 10:00)
3月に開講する浜松国際ピアノアカデミーへの抱負を語る宮下まゆきさん=1日午後、浜松市役所
3月に開講する浜松国際ピアノアカデミーへの抱負を語る宮下まゆきさん=1日午後、浜松市役所

 浜松市と市文化振興財団は1日、同市中区のアクトシティ浜松で3月に開講する「第21回浜松国際ピアノアカデミー」(同市など主催、静岡新聞社・静岡放送後援)の概要を発表した。同市内の高校生2人を含む国内外の24人が、世界で活躍する講師陣の指導で腕を磨く。音楽監督の中村紘子さんが昨年死去したため、今回が最終回。新たに「中村紘子賞」を設け、成績優秀者に贈る。
 開催期間は3月3~12日。講師はフォルクバング芸術大(ドイツ)の河村尚子教授や、イモラ音楽院(イタリア)のボリス・ペトルシャンスキー主任教授ら4人が務める。
 受講生は期間中、3人一組になってソロレッスンとコンチェルトレッスンを受け、総仕上げとしてアカデミーコンクールに臨む。各レッスンはすべて有料で一般公開される。
 県内から参加するのは浜松学芸高2年の宮下まゆきさん(17)=同市西区=と同校3年の油井莉里加さん(18)=同市北区=。市役所で開かれた発表会見に同席した宮下さんは、「なるべく多くのことを吸収したい」と抱負を語った。
 初日に「中村紘子メモリアル・ガラコンサート」が開かれるほか、期間中は無料のシンポジウムなども行われる。問い合わせは市アクトシティ音楽院<電053(451)1150>へ。

静岡芸能・文化の記事一覧

ロード中 関連記事を取得中...

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト