静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

小川三知、生誕150年で光 日本ステンドグラス作家の草分け

(2017/1/25 17:30)
三知の出世作となった慶応義塾図書館の「ペンは剣よりも強し」の大ステンドグラス(1945年焼失、74年復元)。静岡にゆかりの深い和田英作の原画に基づく(慶応義塾広報室提供、図書館改修中で現在非公開)
三知の出世作となった慶応義塾図書館の「ペンは剣よりも強し」の大ステンドグラス(1945年焼失、74年復元)。静岡にゆかりの深い和田英作の原画に基づく(慶応義塾広報室提供、図書館改修中で現在非公開)
三知の最高傑作の一つとされる宮越邸(青森県)の廊下円窓「十三湖」。このほか、浴室や涼み座敷にも作品がある(田辺千代氏提供、いずれも非公開)
三知の最高傑作の一つとされる宮越邸(青森県)の廊下円窓「十三湖」。このほか、浴室や涼み座敷にも作品がある(田辺千代氏提供、いずれも非公開)

 静岡市に生まれ、大正から昭和初期にかけて日本のステンドグラス作家の草分けとなった小川三知が今年、生誕150年を迎えた。狩野派最後の巨匠と言われる橋本雅邦に学んだ日本画と、米国仕込みのガラス技法を融合させた無二の世界を確立し、日本に本格的ステンドグラス作りの礎を築いた。県内外から再評価を求める声が上がっている。
 三知は静岡藩医小川清斎の次男として裏一番町(現在の葵区住吉町)に生まれた。医学を志したが、幼い頃から好きだった絵画への情熱を絶ちがたく、第一高等中学校(現東京大)を中退し東京美術学校で雅邦に学んだ。1900(明治33)年に日本画教師として渡米しステンドグラスと出会った。
 44歳で帰国後、重要文化財慶応義塾図書館(東京都港区)をはじめ全国の公共建築や邸宅、貨客船などに多くの作品を残したが、関東大震災や太平洋戦争で失われた作品も多いとされ、近年、調査や復刻が進む。

静岡芸能・文化の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト