静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

「命のビザ」など紹介 沼津でホロコースト展始まる

(2016/12/3 09:05)
杉原千畝が発給した「命のビザ」などを紹介する会場=2日午前、沼津市のキラメッセぬまづ
杉原千畝が発給した「命のビザ」などを紹介する会場=2日午前、沼津市のキラメッセぬまづ

 ナチスによるホロコースト(ユダヤ人大量虐殺)の歴史や「アンネの日記」の著者アンネ・フランク、多くのユダヤ人を救った日本人外交官杉原千畝を紹介する「勇気の証言―ホロコースト展 アンネ・フランクと杉原千畝の選択」(同展実行委員会主催、創価大、米国サイモン・ウィーゼンタール・センター共催)が2日、沼津市のキラメッセぬまづで始まった。11日まで。
 3部構成のパネルでナチス・ドイツの歴史や2人の生涯などを紹介するとともに、ヒトラーのサイン入り書簡や杉原がユダヤ人に発給した「命のビザ」や受給者リスト、当時の心情をつづった手記(いずれも複製)など25点を展示している。
 沼津市は千畝の妻幸子の出身地で、戦後に杉原一家が一時暮らしたとされる。開会式では千畝の孫でNPO「杉原千畝命のビザ」の副理事長を務める杉原まどかさんが「命の大切さを真摯(しんし)にとらえた2人を通じ、平和についてあらためて考えてほしい」と述べた。

静岡芸能・文化の記事一覧

ロード中 関連記事を取得中...

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト