静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

「新潮45」に批判広がる 10月号に非難への反発を特集

(2018/9/19 22:36)
月刊誌「新潮45」10月号
月刊誌「新潮45」10月号

 性的少数者(LGBT)を「生産性がない」と表現した自民党の杉田水脈衆院議員の論考を掲載し非難された月刊誌「新潮45」が、「そんなにおかしいか『杉田水脈』論文」「見当外れの大バッシング」と反発する特集を10月号に掲載したことに批判の声が広がっている。作家らもツイッターで続々と声を上げ、新潮社の社内でも同誌への異論が噴出している。
 特集は小川栄太郎さんら保守派論客が寄稿。同性愛を「全くの性的嗜好ではないか」と述べ、どの性を愛するのかという「性的指向」と性癖を示す「性的嗜好」を混同したことがうかがえる論考も掲載した。
 これに対し、作家の平野啓一郎さんはツイッターで「どうしてあんな低劣な差別に荷担するのか」と発信。星野智幸さんも「社員や書き手や読者が恥ずかしい、関わりたくない、と思わせるような差別の宣伝媒体を、会社として野放しにするべきではない」とした。
 同社の文芸編集者らが運営するツイッターアカウントは「良心に背く出版は、殺されてもせぬ事」という創業者佐藤義亮の言葉を紹介しつつ、こうした作家らの批判をリツイート(転載)した。
 同社は「『新潮45』の記事については、社内でもさまざまな意見が存在している」と認めた上で「言論の自由を最大限に尊重するという立場から、各部署、社員の個人の意見表明に関して言論統制のようなことは従来より一切行っていない」とコメントした。
 杉田議員の8月号の論考は、LGBTが「子供を作らない、つまり『生産性』がないのです」とした上で、税金の投入に賛同は得られないとの持論を展開し、「ナチスの優生思想と同じ」「差別をあおる」と批判された。

全国芸能・文化の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト