静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

縄文晩期の火おこし道具出土 石川・真脇遺跡で

(2018/2/23 15:00)
石川県能登町の真脇遺跡で出土した、「火きり臼」とみられる木製品=23日午前
石川県能登町の真脇遺跡で出土した、「火きり臼」とみられる木製品=23日午前

 石川県能登町教育委員会は23日、同町の真脇遺跡で縄文時代後期末―晩期初頭(約3300年前)の「火きり臼」と呼ばれる火おこし道具が見つかったと発表した。木製で腐食しやすいことなどから、縄文時代のものが出土するのは珍しいとしている。
 首都大学東京大学院の山田昌久教授(考古学)は「縄文時代から火おこしの道具を使っていたことを裏付ける大きな発見だ」と話している。
 町教委によると、川跡とみられる幅約4メートルの溝で大量の木製品と一緒に出土した。全長39・1センチ、直径1・5センチのくぼみに炭化痕があり、くぼみに火種をのせてきねを回転させ火をおこしたとみられる。

全国芸能・文化の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト