静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

差別一掃の契機に(中部)

(2017/10/6 08:01)

 人種差別に抗議する米国のスポーツ選手が、国歌斉唱の際に起立を拒否している。白人警官による黒人への暴力が発端でプロフットボールNFLで始まった行為は、他競技にも広がり始めた。
 無言の抗議活動に対し、愛国心を欠くとの批判はある。トランプ大統領も非難し、さらなる物議を醸した。ただ、「国を愛するからこそ」と共感する選手は多い。
 共に汗を流して目標に向かう過程で、国籍や人種の枠を超えた絆は生まれるのだろう。担当するサッカーJリーグのジュビロ磐田では、日本人選手も外国人選手も分け隔てなく接し、互いに尊敬し合っていることがよく分かる。非道さを抗議するアスリートの活動が、世界から差別を一掃する契機になってほしい。 (運動部・岡田拓也)

清流の記事一覧

ロード中 関連記事を取得中...

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト