静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

2018年6月13日【大自在】

(2018/6/13 07:36)

 史上初の米朝首脳会談が実現した。ここまでの経緯を思い返すにつけ、北朝鮮問題を題材にしたドラマを見せられているような気分にとらわれる
 ▼主役は米国のトランプ大統領と北朝鮮の金正恩[キムジョンウン]朝鮮労働党委員長。ドラマ前半の昨年、両国はチキンレースを争った。トランプ氏が北朝鮮を「テロ支援国家」に再指定すると、北朝鮮は弾道ミサイルを発射し対決姿勢を鮮明に
 ▼年明け、転調が兆す。北朝鮮は韓国での冬季五輪に代表団を派遣。五輪は「ほほ笑み外交」の舞台となった。金氏が米朝対話に前向きな立場を示し、トランプ氏も応じる構えを見せて、脅し合いのレースは減速した
 ▼4月27日、板門店で会談した南北首脳がそろって記者発表し融和を演出。翌月、トランプ氏が米朝会談は6月12日にシンガポールとツイッターで発信した。だが、北朝鮮は米韓両軍の共同訓練を理由に南北閣僚級会談の無期延期を韓国側に通知。北の揺さぶりとみた米側は首脳会談の中止で応えた
 ▼ドラマは目まぐるしく攻守ところを替えるシーソーゲーム的展開に。米側の反応に北朝鮮が「(首脳会談が)切実に必要」との談話を返すと、今度はトランプ氏が前のめりとなり、「最大限の圧力という言葉は使いたくない」と態度を変えたとも取れる発言が飛び出した
 ▼クライマックスの首脳会談で、金氏は完全非核化を、トランプ氏は北朝鮮の体制保証を約束した。だが拉致問題も含め解決への道筋は見えない。主役2人によるこれまでの“演技”から判断するかぎり、ドラマの続きも予断を許さない。

大自在の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト