静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

2018年2月7日【大自在】

(2018/2/7 07:40)

 ▼このところ好調な企業業績を背景に政府からは楽観的な見通しを盛り込んだ報告が続いていたように思う。内閣府は2012年12月から続く現在の景気回復が丸5年を超え、戦後2番目の長さに達した可能性があるとの認識を示している、と先日本紙に載った
 ▼今年は「戌[いぬ]年」で、相場格言は「戌笑う」だという。縁起の良い年であり、格言通り年明け早々から日経平均株価は急騰し、笑いの止まらない投資家が多かったのではないか。笑いを幅広い層に、と安倍晋三首相は3%賃上げ要請を繰り返している
 ▼きのう、その笑顔は一瞬にして引きつった投資家が多かろう。過去最大となった米国市場の急落が世界株安となって連鎖し、東京市場の日経平均株価の下げ幅は一時、取引時間中としてITバブル崩壊以来、約17年10カ月ぶりの大きさとなった
 ▼最近の株高に投資家には上昇して当たり前の「右肩上がり神話」があったとは専門家の分析である。起こるべくして起こった急落との見方も。ただし、急落してから指摘されても後の祭りという投資家もいよう。やはり市場のことは市場に聞くしかないのかもしれない
 ▼日銀の金融緩和による「官製相場」で株価を支えてきた安倍政権にとっても予想外の局面ではないか。トランプ米大統領の経済政策への期待感で上昇基調を続けた「トランプ相場」が変調を来せば、日本を含む世界経済に打撃となりかねない
 ▼閣僚はそろって日本経済の好調ぶりを強調していたが、本音はどうか。株価急落が賃上げに影響してはデフレ脱却できるはずもない。

大自在の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト