静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

2017年11月11日【大自在】

(2017/11/11 07:56)

 ▼「事実は小説よりも奇なり」。世の中で起きる出来事は虚構の小説よりも不思議で複雑だという意味だ。さらに現実の社会で起きる恐ろしい事件は小説よりもはるかにおぞましい。“恐怖”を売り物にする小説家も考えつかないのではないか
 ▼神奈川県座間市のアパートで9人の切断遺体が見つかり、社会を震撼[しんかん]させた事件は9人全員の身元を確認したことで身内や友人などの間に悲しみが広がっていよう。女子高生や女子学生を含む15~26歳の男女が犠牲になった
 ▼最年少の被害者となった群馬県邑楽町の高校1年石原紅葉[くれは]さんは昨年7月、地元の町の「子ども議会」に参加し、議員の1人として町の人口減少について質問したそうだ。「しっかりとした質問だった」とは当時の町教委関係者の声である
 ▼友人は以前、幼い子どもに声を掛け、本を読み聞かせていた石原さんを覚えている。福島市の高校3年須田あかりさんは、将来は漫画家になりたいと家族に夢を語っていた。中学では美術部の副部長になり、クラスを代表して文集の表紙を描いた
 ▼犠牲になった若者たちは悩みを抱え、ツイッターなどで自らの思いを打ち明けていたという。白石隆浩容疑者(27)はそうした心理に付け入り、言葉巧みに自宅に誘い次々殺害していった
 ▼わずかなことに感じやすく、傷つきやすいのは若者にありがちなことだ。自殺願望をほのめかすこともあるだろう。「いのちの電話」をはじめ、苦しみ悩む人々を支える活動は日々続いている。若者の心の悲鳴をどう受け止めるか。ケア対策を急がねばと思う。

大自在の記事一覧

ロード中 関連記事を取得中...

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト