静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

2017年11月3日【大自在】

(2017/11/3 07:25)

 ▼晩秋といっても日本海沿岸は温暖な静岡とは趣を異にする。厳しい冬の兆しが表れ、冷え込む日も少なくないだろう。新潟市内で横田めぐみさん=失踪当時(13)=が北朝鮮に拉致されたのはそんな季節だった。15日で拉致されてから40年になる
 ▼めぐみさんはバドミントンの強化選手に選ばれ、張り切っていた。「おしゃれしてね」。前日の14日、45歳の誕生日を迎えた父滋さんにめぐみさんはくしをプレゼントしたそうだ。翌15日、部活を終えて下校途中、行方不明になった
 ▼その滋さん、母早紀江さんもよわいを重ね、現在80歳代である。夫婦で全国を回りながら早期救出を訴えてきた。「畳をかきむしりながら泣き叫びました。涙が出なくなるまで」。早紀江さんは母としての心情を率直に語ってきた
 ▼北朝鮮による拉致被害者家族会がこの春、結成20年の特別集会を開いた際、メンバーは「今年中に全被害者を救出してほしい」と訴えた。15年前、5人の被害者が帰国した当時、被害者家族全体に広がった全員帰国の期待は以来裏切られ続けている
 ▼今度はどうか。今年9月、国連総会の一般演説でめぐみさんを念頭に「13歳の日本人少女を拉致した」と北朝鮮の拉致問題に触れたトランプ米大統領が5日来日の際、拉致被害者家族と面会することになった
 ▼トランプ氏は面会を要請した安倍晋三首相に「被害者救出に全力を尽くす」と語ったという。「平和に解決できるようお願いしたい」とは早紀江さんの言葉だ。拉致被害者家族の願いは「慰め」でなく、解決へ一歩の前進だろう。

大自在の記事一覧

ロード中 関連記事を取得中...

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト