静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

2017年10月4日【大自在】

(2017/10/4 07:41)

 ▼日曜日の夜、屋外コンサートに銃弾の雨が降り注いだ。悲鳴を上げ逃げ惑う観客。米西部ラスベガスで1日、銃乱射事件が起き、少なくとも59人が死亡、527人以上が負傷した。自殺した容疑者の宿泊先や自宅からは大量の武器が見つかり、警察は計画的犯行との見方を強める
 ▼昨年6月にはフロリダ州のナイトクラブ乱射で49人が犠牲となったばかり。惨劇が繰り返されるたび、<銃は人を殺さない。人が人を殺す>と言い張り、銃規制を求める世論をはねつけてきた団体がある。銃愛好者ら約400万人でつくる全米ライフル協会(NRA)だ
 ▼「国民の武装の権利」を認めた合衆国憲法修正2条をよりどころに、国民は銃を保有・携行でき自衛の権利も保証されていると主張。保守派に大きな影響力を持ち、トランプ政権を支援する圧力団体としても知られる
 ▼同協会が出版した銃の入門書「銃の基礎知識」(小林宏明訳、学研)を開けば銃器に寄せる会員らの〝特別な〟思い入れがよく分かる。独立戦争、西部開拓で先人が手にした銃こそが、祖国をつくったと歴史を語り、蒐集[しゅうしゅう]・所有はごく自然な欲求と銃の楽しみを説く
 ▼銃と事故の可能性に言及しつつも、それは車や芝刈り機も同じと、付け足すのを忘れない。さらに全米の死因ランクを載せ、銃による死者が疾病や交通事故に比べいかに少ないかを示すご都合主義
 ▼愛する者に危害を加えようする者を撃退するため、銃を手元に置くのは当然ともいう。しかし今回のようにホテル32階から狙われたら、なすすべはなかろうに。

大自在の記事一覧

ロード中 関連記事を取得中...

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト