生活安全・防犯ニュース(静岡新聞掲載記事から)

避難所で防犯サポート 静岡県警4人、北海道へ(2018/9/18 17:03)
静岡県警は北海道公安委員会の要請を受け、19日から10日間、最大震度7の地震を観測した道内の被災地に生活安全部の警察官4人(男性2人、女性2人)を派遣する。甚大な被害を受けた厚真町などの避難所で被災者の相談に応じ、防犯指導や警戒活動にも当た…
災害避難所の高齢者を守る 静岡県警が防犯冊子作製(2018/9/15 07:26)
静岡県警は、災害時の避難所で高齢者が犯罪被害に巻き込まれないための注意点などをまとめた防災防犯マニュアル「防災長寿銀のまもり」を作製した。女性と子ども向け「防災女子赤・青のまもり」の続編。今回は高齢者に配慮して説明の文字を拡大した。北海道地…
詐欺・迷惑電話対策装置を無料貸与 浜松市、11日まで募集(2018/9/2 07:00)
浜松市は11日まで、自宅の固定電話に外付けするタイプの詐欺・迷惑電話対策装置の無料貸与希望者を募集している。65歳以上の高齢者だけで暮らす13世帯に貸し出す。応募多数の場合は抽選。貸与期間は設置日から2028年9月末まで。申込書は各区役所区…
防犯の新しい形 静岡県内「ながら見守り」広がる(2018/8/27 06:59)
新潟市の女児殺害や藤枝市の男児切り付けなど下校中に子どもが襲われる凶悪事件が相次ぐ中、大学や民間グループの若年・現役世代が日常生活や企業活動と並行した「ながら見守り」などとして主導する新しい形の防犯活動が県内で広がっている。防犯ボランティア…
ランナー募集、9月17日まで しずおかランニングパトロール(2018/8/21 19:10)
静岡新聞社・静岡放送は21日、ランニングを通じて県民の健康増進とともに地域の防犯環境向上を図る「しずおかランニングパトロール(SRP)」のボランティアランナーの募集を開始した。約100人の登録を目標に9月17日まで募る。「SRP」は、県民か…
特殊詐欺防止へ協定 静岡県警と静岡ガス、子ども見守りも(2018/8/15 08:03)
静岡県警と静岡ガスは14日、特殊詐欺や子どもを狙った犯罪の被害防止に関する連携協定を結んだ。浅野守県警生活安全部長と飯田晃司同社執行役員コーポレートサービス部長が、県警本部で協定書を交わした。同社従業員は検針や点検などで顧客の自宅を訪れる機…
詐欺被害防止へDVD 浜松東署協議会が製作(2018/7/19 08:05)
浜松東署協議会(小池祥之会長)はこのほど、振り込め詐欺被害防止に向け、協議会委員や同署幹部らが出演したDVDを製作した。池島慎介警務課長(59)と高校、大学時代の同級生の縁で、静岡市清水区出身の落語家春風亭昇太師匠も友情出演した。18日に開…
義援金名目で戸別訪問 静岡県警が詐欺に注意呼び掛け(2018/7/13 21:47)
沼津市の男性が13日、「SBSから来たと名乗る2人組の男が知人女性の家を訪れ、西日本豪雨の義援金を集めていると話していた」と静岡放送視聴者サービスセンターに情報を寄せた。同センターは「訪問で募金はしていない」と回答した。男性によると、同日正…
架空請求詐欺の被害増、コンビニでの手口大半 静岡県内上半期(2018/7/11 07:42)
静岡県警の10日までのまとめによると、今年上半期(1~6月)に県内で発生した架空請求詐欺の被害額(速報値)は1億4856万円(前年同期比650万円増)に上った。このうちコンビニ店で電子マネーなどをだまし取る手口が1億800万円を占めた。発生…
藤枝全小中に防犯カメラ 男児切り付け受け、2~3年めど(2018/7/10 17:01)
藤枝市立高洲南小の4年生の男児が下校途中に学校近くで刃物などで切り付けられ、重傷を負った事件を受けて、市は、市立小中学校全27校に防犯カメラを設置する方針を固めた。10日までの市への取材で分かった。市によると、防犯体制の強化を目的に、2~3…

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト