2018年9月15日公開

英国総督 最後の家

インド独立前夜、激動の歴史に翻弄された人々

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(C) PATHE PRODUCTIONS LIMITED, RELIANCE BIG ENTERTAINMENT(US) INC., BRITISH BROADCASTING CORPORATION, THE BRITISH FILM INSTITUTE AND BEND IT FILMS LIMITED, 2016
ストーリー
1947年のインド。ルイス・マウントバッテンは、英国領だったインドをインド国民に引き渡すために、最後のインド総督の役職を引き受ける。ヒンズー教徒、イスラム、シーク教徒の使用人500人が住む屋敷で、歴史を変える政治的決断がされようとしていた。
解説
『ベッカムに恋して』で知られるインド系英国人のグリンダ・チャーダ監督が、自らの祖父母の境遇を知って製作を決意した歴史ドラマ。インドが英国領だった時代から主権譲渡される1947年のデリーを舞台に、さまざまな政治的思惑が絡み合い、インドとパキスタンというふたつの国に引き裂かれた史実の舞台裏を、激動の人間ドラマとして描き出す。
  • 配給
    キノフィルムズ
  • 制作年
    2017年
  • 制作国
  • 上映時間
    106分
  • 公式サイト
    http://eikokusotoku.jp/

おすすめ情報



映画イベント

映画アクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

Hot News!

読み込み中です・・・