2017年12月23日公開

エンドレス・ポエトリー

鬼才が描く『リアリティのダンス』の続編

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(C)Pascale Montandon-Jodorowsky
ストーリー
生まれ育った故郷の町トコピージャから首都のサンティアゴに移り住んだアレハンドロ。自分に自信が持てず、抑圧的な両親との関係に思い悩む彼は、従兄リカルドの導きによって、ダンサーや詩人らのアーティストたちに出会い、囚われの日常から解放されていく。
解説
2013年に23年ぶりの新作『リアリティのダンス』を発表し、大反響を呼んだアレハンドロ・ホドロフスキー監督が、その続編となる自伝的作品を完成。今回はチリの首都サンティアゴに舞台を移し、青年時代のホドロフスキーと前衛芸術家たちとの交流を描出。ホドロフスキー特有のマジック・リアリズムに満ちた映像世界が繰り広げられていく。

おすすめ情報



映画アクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

Hot News!

読み込み中です・・・