• mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

診察室

診察室「総入れ歯が落ちて困る」(2020/6/18 14:08)
県歯科医師会生涯研修部長 芹沢祥宏
県歯科医師会生涯研修部長 芹沢祥宏

71歳女性。総入れ歯を使用していますが、落ちてきてしまい困っています。入れ歯が落ちないようにする方法はありますか

■調整、修理し 顎の形に合わせて

 【答】まず、総入れ歯は顎の形に合わせて製作してぴったりとくっつくことにより落ちずに安定します。

 上の歯の総入れ歯が落ちる原因はいくつかあります。入れ歯の形が顎の形とぴったりと合わない状態だと、隙間ができてしまいしっかりとくっつきません。かみ合わせが悪い状態、左右奥歯でしっかりとかまずに前で強くかんだり左右どちらかだけでかんだりしている状態でも、かむたびに入れ歯が不安定になります。総入れ歯は必要な範囲をしっかり覆うことによりくっつくので、小さいと必要な範囲を覆うことができずに落ちます。特に上顎の後方は、短すぎると落ちてしまいます。主な原因は以上です。

 治療としては、正しい形の入れ歯を新しく製作して調整も十分行うことです。入れ歯と顎の間に隙間ができていたら、その部分を裏打ちして埋め合わせるリベースという方法があります。かみ合わせが原因の場合は、調整を行います。それだけで落ちなくなる場合もあります。小さい場合は状態によっては足りない部分だけ継ぎ足すことも可能です。

 落ちるからといって安定剤の使用はお勧めしません。安定剤はあくまでも一時しのぎであると思ってください。治療、調整、修理を行いぴったりと合った入れ歯を使用してください。

 まずはかかりつけの歯科医院に相談されることをお勧めします。(県歯科医師会生涯研修部長 芹沢祥宏)

 ※2020年5月26日掲載


健康・医療 キーワード検索

▲ページトップ