• mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

診察室

汗が異常に噴き出る(2018/10/28 16:49)
浜松医療センター皮膚科長 三沢淳子
浜松医療センター皮膚科長 三沢淳子

73歳の女性。多汗症で悩んでいます。6年ほど前から、少し運動をすると顔と頭に汗が噴き出ます。髪の毛を伝い落ち、シャワーを浴びたような状態になります。甲状腺を調べてもらいましたが、異常はありませんでした。汗を抑えるにはどうしたらよいでしょうか。



【答】
■根気よく塩化アルミニウムを外用


 ご質問の内容から顔面・頭部の原発性局所性多汗症を疑い、お答えしていきます。

 顔面・頭部の原発性局所性多汗症の治療として最も行われている治療は塩化アルミニウムの外用です。この薬は数日では効果が出ないことが多く、1~2カ月間続けることで発汗量が抑えられてくるため、根気よく続けることが必要です。

 副作用として刺激による皮膚炎が起こることがありますが、保湿剤で保護をしたり、使用する間隔を空けたりすることで継続できることがあります。顔に塗る場合の注意点としては、目や口といった粘膜に触れないようすることが必要です。

 塩化アルミニウム外用では効果が不十分な場合や、刺激性皮膚炎で治療を続けられない場合には、抗コリン薬の内服で多汗症の症状が軽減することがあります。この薬の注意点としては緑内障や前立腺肥大(男性)があると飲めませんし、眼の調節障害、口渇[こうかつ]、便秘、排尿障害などの副作用があらわれることがありますので、医師と相談の上、治療を進めるのがよいと思います。

 また、一時的な応急対応ではありますが、自宅でできる簡便な方法としては、首の後ろをぬれタオルなどで冷やすと少し発汗が軽減します。




★ この記事を書いた先生 ★
浜松医療センター皮膚科長 三沢淳子



★ 出典 ★
静岡新聞夕刊「診察室」(2018年9月25日)



【検索】
皮膚  浜松医療センター


logo_shizushin.png



健康・医療 キーワード検索

▲ページトップ