• mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

診察室

5歳女児、前歯ぶつけ黒ずむ(2017/10/3 19:32)
静岡県歯科医師会 生涯研修部員 戸村高行
静岡県歯科医師会 生涯研修部員 戸村高行

5歳の娘が幼稚園で転び、上前歯をぶつけました。転んだ時は少々泣いたようですが、その後は痛がることもなく、食事もできたので歯医者には行きませんでした。数日後、よく見ると前歯が全体的に黒くなっていました。現在も痛がることはありませんが、このまま放置してもよいのでしょうか。

【答】
■歯髄に影響も、早めに受診

 変色した歯は乳歯かと思われます。乳歯、永久歯、どちらも外傷による変色の発生はあり得ます。ぶつけた衝撃により、歯髄(歯の神経)の血流などが悪くなり、歯髄壊死[えし](神経が死んでしまう)が起きて歯の色が変わってきます。表面からというより、中からだんだん変色する感じです。

 今回の件は乳歯と考えられるため、抜け変わりで変色歯は無くなるでしょう。しかし、歯髄壊死の状態から神経に腐敗菌感染を起こし(歯髄壊疽[えそ])、化膿[かのう]して腫れてくる可能性が考えられます。化膿は根尖[こんせん](歯根の先)で起きます。化膿が強いと後続永久歯に悪影響を与えることもあります。

 乳歯の外傷の場合、ぶつけた衝撃により後続永久歯の萌出[ほうしゅつ]方向が変わってしまい、異所萌出(生える場所がずれる)の原因となることがあります。また、萌出間もない永久歯の外傷の場合、歯冠(歯の頭)が見えていても歯根は未完成であり、これが原因で歯根の成長が止まってしまうこともあります。

 外傷などが発生した時は、痛みの有無にかかわらず、早めにかかりつけの歯科医院を受診し、エックス線などで状況を確認してもらうと良いでしょう。

★ この記事を書いた先生 ★
静岡県歯科医師会 生涯研修部員 戸村高行

★ 出典 ★
静岡新聞 夕刊『診察室』 [2017年9月26日]


【検索】
小児 歯科 外傷

logo_shizushin.png


この他のコンテンツ

おすすめ健康レシピ

焼肉丼

焼肉丼 (作り方)
【協会けんぽ】 「メタボリックシンドローム...

健康・医療 キーワード検索

紅葉のツーリング♪みんなで楽しみましょう

奥大井の秋を感じる カヤックツーリング
カヤックに乗って、湖上という非日常のアングルか...

オシドリ。ダム湖でカヤックを漕ぎながら、見られるかも!

第4回 野鳥を楽しもう「気分はオシドリ」 水鳥編
4回シリーズ、ラストの舞台は長島ダム。 1日目は陸...

▲ページトップ