• mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

ピックアップ

ちょっと得するクスリの知識2018(2018/7/31 22:43)
ちょっと得するクスリの知識 (c):PIXTA
ちょっと得するクスリの知識 (c):PIXTA

水分の過剰摂取にも注意

 暑い日が続くと、必ず「熱中症」が話題になり、水分補給の重要性がいわれます。特に高齢者の熱中症は生死に関わることもあり、水分補給を含め「暑さ」対策を講じなければなりません。しかし、その水分を取り過ぎたことが原因と思われる症状を訴える方が少なからずいます。
[記事全文]
出典:静岡新聞 2018年7月24日


調剤技術向上へ研修車活用

 静岡県薬剤師会は、県からの助成を受け、在宅医療研修車(モバイルファーマシー)を導入しました。モバイルファーマシーは、一見するとキャンピングカーですが、車内には錠剤を収納する錠剤台、在宅療養に必要な輸液の調製に使用するクリーンベンチ、粉薬の分包機などが所狭しと並んでいます。
[記事全文]
出典:静岡新聞 2018年6月26日


ぼうこう炎、夏前から注意

 「トイレが近くなった」「排尿後すっきりしない」「排尿すると痛い」などの症状がある場合、ぼうこう炎の可能性があります。尿が白く濁ったり、血が混じったりすることもあります。夏は汗をかくことで尿量が減り、尿と一緒に細菌を排出する回数が減るため、ぼうこう炎にかかる人が増えるとされます。
[記事全文]
出典:静岡新聞 2018年5月22日


献血通して医療に参加

 私たちは医学や医薬品の進歩により多くの病から解放される時代に生きています。医薬品は化学的合成、バイオ技術や植物などから成分を取り出して製造されていることはご存じのことと思います。しかしこれらの医薬品では効果がなく、人の血液を使用しなければならない疾患があります。
[記事全文]
出典:静岡新聞 2018年4月24日


かかりつけ薬剤師に相談

 医薬分業率が70%を超え、処方箋を持って薬局で薬をもらうことが一般的になりました。その時、みなさんはどこで薬をもらいますか。
[記事全文]
出典:静岡新聞 2018年3月27日


薬剤師の在宅訪問 活用を

 日本は諸外国に例をみないスピードで高齢化が進んでいます。団塊の世代が75歳以上になる2025年以降は高齢者の医療や介護のニーズがさらに増加することが予想されています。
[記事全文]
出典:静岡新聞 2018年2月27日


カフェイン 過剰摂取に注意

 先日、血液中のカフェイン濃度を調べてパーキンソン病を診断する手法を発見したと、順天堂大学の研究グループが発表しました。カフェインにはパーキンソン病の発症予防効果があるとの報告もあるといいます。
[記事全文]
出典:静岡新聞 2018年1月23日



この他のコンテンツ

おすすめ健康レシピ

焼肉丼

焼肉丼 (作り方)
【協会けんぽ】 「メタボリックシンドローム...

健康・医療 キーワード検索

Park Yoga @駿府城公園
休日の朝のひととき 公園でヨガをする、特別な1日...

ワンネスマルシェ

ワンネスマルシェ 富士川楽座
動物保護団体では保護犬譲渡会や雑貨等の販売、ド...

▲ページトップ