• mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

ピックアップ

ちょっと得するクスリの知識2017(2018/1/3 17:00)
ちょっと得するクスリの知識 (c):PIXTA
ちょっと得するクスリの知識 (c):PIXTA

医薬品は貴重な医療資源

 医療用医薬品は国が使用を認め、価格を決めています。これを薬価基準収載品と言い、現在、約1万7千品目(内服1万500品目、注射4千品目、外用薬他2500品目)あります。
[記事全文]
出典:静岡新聞 2018年12月26日


救急箱 痛みとかゆみの応急処置

 今回は21世紀型の救急箱に入れておくと便利なものを紹介します。昔の救急箱といえば、包帯、ハサミ、ピンセット、ばんそうこうなどなど思いつくものがあるでしょう。救急箱を置きたいという相談を受けてそろえてみると、救急用品は大きく様変わりしていました。
[記事全文]
出典:静岡新聞 2017年11月28日


起源同じでも異なる適応 エクザールとオンコビン

 ニチニチソウはとても身近な植物です。初夏から晩秋まで次々に花が咲くので「日々草」と呼ばれています。観賞用の園芸植物と認識している方が大多数かと思いますが、薬用植物でもあることをご存じでしょうか。
[記事全文]
出典:静岡新聞 2017年10月24日


重症化、ワクチンで予防 積極的に接種を

 人は生まれた時からさまざまな感染症にかかることにより免疫を付け、感染しにくくなります。しかし、軽い感染症から深刻な合併症や後遺症を起こし、重症化すると命を落とす危険もあります。感染症にかからないよう予防するための有効な手段が「ワクチン」です。
[記事全文]
出典:静岡新聞 2017年9月26日


医療用医薬品 品質管理、薬剤師に義務

 医療機関から処方される医療用医薬品は一般の商品と異なり、大きな特徴があります。一般の商品は消費者に選択権があり、自分の目で確認した品物を購入できます。しかし、医療用医薬品は医師が診断をして患者さんに適した処方箋を発行し、薬剤師が処方箋に基づいて医薬品を調剤し、使用方法や副作用などの説明をして患者さんに渡します。従って、調剤をする薬剤師には医薬品の品質などについて細心の注意を払う義務があります。
[記事全文]
出典:静岡新聞 2017年8月22日


自ら手当て「セルフメディケーション」 救急箱が味方

 先日、薬局の倉庫を片付けていたら、景品用のプラスチック救急箱がたくさん出てきました。「ご自由にお持ちください」と並べたところ、その日のうちになくなってしまいました。患者さんの1人が「そういえば救急箱って見なくなったね」と言っていました。
[記事全文]
出典:静岡新聞 2017年7月25日


抗凝固薬ワルファリン、元は殺鼠剤

 血液をサラサラにする薬、いわゆる抗凝固薬はたくさんありますが、今回はワルファリン(商品名ワーファリン)のお話です。
[記事全文]
出典:静岡新聞 2017年6月27日


痛みにも種類、対応分けて

 けがや病気になった時、痛みを感じなければいいのにと思ったことはありませんか? しかし、痛いという感覚がなければ危険を察知できず、命を危険にさらすことにもなり得るでしょう。つまり、痛みは私たちの体や命を守る大切な役割を担っているのです。
[記事全文]
出典:静岡新聞 2017年5月23日


生体リズム考慮 薬の効果を発揮

 桜は南から北まで約1カ月かけて日本列島に花を咲かせます。毎年同じころに咲く桜の木は時計を持っているかのようですが、夏にできた花芽が冬の寒さにさらされると、気温の上がる春に開花する仕組みになっています。
[記事全文]
出典:静岡新聞 2017年4月25日


健康食品、相互作用に注意

 医薬品には大きく分けて2種類あります。医師や歯科医師が使用、または処方箋などによって使用されることを目的とした医療用医薬品、それ以外の一般用医薬品があります。さらに薬局の店頭には一般用医薬品と健康食品などが並んでいます。健康食品には、栄養補助食品などの一般食品「いわゆる『健康食品』」と、機能性の表示ができる保健機能食品があります。
[記事全文]
出典:静岡新聞 2017年3月28日


糖尿病患者の血糖値測定 先進機器で負担は減る?

 昨年12月27日の本欄で「痛くない注射」の話がありました。糖尿病でインスリン注射を行っている方の多くは、注射の前に指先に小さな針を刺して採血し、自己血糖を測定しています。インスリン注射の直前時点の血糖値を知っておく必要があるためです。
[記事全文]
出典:静岡新聞 2017年2月28日


ドライマウス 唾液分泌促し免疫アップ

 口が乾いて食事が取りにくい、口の中がネバネバするなどの症状が続くようなら、ドライマウスの可能性があります。聞き慣れないかもしれませんが、唾液が少なくなることで、「口腔[こうくう]乾燥症」と言われる病気です。
[記事全文]
出典:静岡新聞 2017年1月24日



この他のコンテンツ

アクセスランキング

おすすめ健康レシピ

焼肉丼

焼肉丼 (作り方)
【協会けんぽ】 「メタボリックシンドローム...

健康・医療 キーワード検索

春の短期水泳教室【新年中さん以上クラス】
一人でシャワーが浴びれない、お水が怖いというち...

梅ヶ香

玉露の里椿園 椿まつり
オープンから4年目を迎える玉露の里椿園で、「椿ま...

▲ページトップ