• mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

体操

第1回 背伸びストレッチ 【上半身のストレッチ】(2015/4/1 0:00)
「アグレッシブ」な体操で効果倍増! 第1回 背伸びストレッチ
「アグレッシブ」な体操で効果倍増! 第1回 背伸びストレッチ

【SBS学苑】 講師:鈴木しげこ


「アグレッシブ」な体操で効果倍増!

 

体操は、アグレッシブ→(積極的に身体に働きかける)と、パッシブ→(消極的に行う)では、効果に差があるのをご存知でしょうか?

 

ただ単に動かせばいいんでしょ?と、お思いの皆さん、簡単で単純な体操でも、質の良いエクササイズが出来るのです。ストレッチの手法の一つとして、パッシブ(消極的)に行うことで、効果が上がるものもありますが、心身にパワーをみなぎらせるには、積極的な心構えで動くことがポイントです。運動する側の気力如何で、効果は倍増!体操は、前向きな気持ちで、楽しみましょう。

 

そんな訳で、私たち指導者は、単純に運動を教えるだけではなく、いかに受講者の皆さんが、前向きに運動に取り組んでくれるか、意欲を引き出すのがお仕事です。是非、体操教室に足を運んでいただき、パワーを受け取ってもらえれば、インストラクター冥利に尽きるのです。

 

今回は、そんなアグレッシブ(積極的)に動く、簡単ストレッチをご紹介します。


【次ページ】:第1回 背伸びストレッチ 【上半身のストレッチ】

① 口を閉じて、奥歯を軽く噛み、鼻から深く、息を吸い込みながら、組んだ手を頭の上に持ち上げて肘を伸ばし、背伸びをします。 腕を耳にくっ付けるイメージで、アグレッシブ(積極的)に、持ち上げます。
① 口を閉じて、奥歯を軽く噛み、鼻から深く、息を吸い込みながら、組んだ手を頭の上に持ち上げて肘を伸ばし、背伸びをします。 腕を耳にくっ付けるイメージで、アグレッシブ(積極的)に、持ち上げます。
② 『はあ~』と声を出して、ゆっくり息を吐き、手を組んだまま腕を下ろします。
② 『はあ~』と声を出して、ゆっくり息を吐き、手を組んだまま腕を下ろします。
③ 6~10回程度、身体が温まる、または、疲労を感じるまで、繰り返します。
③ 6~10回程度、身体が温まる、または、疲労を感じるまで、繰り返します。

この他のコンテンツ

健康・医療 キーワード検索

▲ページトップ