メニュー

検索

静新SBSお客様センターFAQ

静岡新聞SBS

静岡新聞SBSに写真、映像を提供したいのですが。
ありがとうございます。ぜひ静岡新聞SBSスクープ投稿サイトからお送りください。
静岡新聞SBSスクープ投稿

SBSテレビ

番組等のビデオがとれませんでした。ダビングして送ってくれませんか?
放送局としてビデオあるいはテープを提供するサービスは行っておりません。ご了承ください。
自分で録画したビデオや録音したテープを多数の友人に貸したり、集会で見たりしたいのですが?
個人的に録画、録音した番組を個人で楽しむことは許されていますが、それ以外の利用は法律上できないことになっています。
Soleいいね!等、番組で紹介したお店などの情報を知りたいのですが?

すでに放送した分についてはSBS-TVのホームページに掲載されていますのでご覧ください(全部ではありません)。

放送当日分については、SBS視聴者サービスセンター(0120-56-8939)(携帯電話・PHS等からの場合は電話054-284-8939)までお問い合わせください。
なお、迷惑電話が多いためしばらくの間、公衆電話からの通話受付は遠慮させていただいております。


     →番組HPはこちら! Soleいいね! イブアイしずおか

電話で、番組の内容に関する問い合わせをしたいのですが。
月曜~土曜(祝日・年末年始等を除く) 9:00~17:00の間受け付けています。ご質問の際、お聞きになりたい対象の番組のタイトル、放送の日時が分かれば調べる時間が短縮可能です。
SBS視聴者サービスセンター(0120-56-8939)(携帯電話・PHS等からの場合は電話054-284-8939)までお問い合わせください。
なお、迷惑電話が多いためしばらくの間、公衆電話からの通話受付は遠慮させていただいております。
番組の再放送の予定を知りたいのですが?
皆様のご要望をふまえ担当部署でそのつど検討しております。再放送するケースもありますので、静岡新聞などの番組欄や当社のホームページにご注目ください。

SBSラジオ

電話で、番組の内容に関する問い合わせをしたいのですが。
月曜~土曜(祝日・年末年始等を除く) 9:00~17:00の間受け付けています。ご質問の際、お聞きになりたい対象の番組のタイトル、放送の日時が分かれば調べる時間が短縮可能です。
SBS視聴者サービスセンター(0120-56-8939)(携帯電話・PHS等からの場合は電話054-284-8939)までお問い合わせください。
なお、迷惑電話が多いためしばらくの間、公衆電話からの通話受付は遠慮させていただいております。
(番組へのご意見・ご感想、メッセージ、リクエストなどはクイックポストからも投稿できます。)

静岡新聞

静岡新聞朝刊「ひろば」に投書や写真の投稿をしたい

 静岡新聞朝刊の投稿欄「ひろば」では読者の皆さんから投書や写真を募集しています。
「投稿要領」は以下の通りです。投書は郵送またはファクス、電子メールで。写真の応募は郵送でのみ受け付けています。

▼原稿は400字を目安に。趣旨を変えずに直すことがあります。匿名は採用できません。他紙誌、他欄との二重投稿はご遠慮ください。掲載できない場合も原稿の返却や連絡は、いたしかねます。掲載分には薄謝を贈ります。
▼サロンコーナーは俳句、川柳、短歌のグループ作品が対象です。個人は採用しません。同一内容の投稿はお避けください。
▼写真(「ショット」)もお送りください。※サービス判で結構です。プリントに限ります。
▼住所、氏名、職業、年齢、電話番号を明記の上、〒422―8670(住所不要)静岡新聞社編集局「ひろば」係へ。

「サロン」「ショット」は封筒に表書きしてください。

投書はファクス、電子メールでも受け付けます。ファクス番号は<054(284)9049>、電子メールアドレスは hiroba@shizushin.com 


詳しくは静岡新聞に投稿するをご覧ください。
過去の新聞記事を見たい(ご覧になりたい記事の掲載日が分からない場合)
1988年5月以降の記事であれば、見出しや記事の内容などを手掛かりに担当者がデータベースを検索して掲載の日付を特定することも可能です。(※事件・事故に関する記事は除く)静岡新聞読者ホットライン(日曜を除く午前9時~午後5時、フリーダイヤル0120―439817(携帯電話・PHS・公衆電話不可)、電話054―284―9821)へ電話で問い合わせてください。
掲載日などが特定できた場合、そこから先の手続き等は「過去の新聞記事を見たい(ご覧になりたい記事の掲載日は分かっている場合)」をご覧ください。
過去の新聞記事を見たい(ご覧になりたい記事の掲載日は分かっている場合)

静岡新聞社編集局は紙面のコピーを送付させていただくサービス(有償)も実施しています。紙面コピー1枚につき、本紙または紙面データベースからのコピーは100円、カラーコピーの場合は100円増し、マイクロフィルムからのコピーは400円となります。ほかに送料が必要です。記事によっては提供できない場合もあります。ご承知おきください。
詳しくは静岡新聞読者ホットライン(日曜を除く午前9時~午後5時、フリーダイヤル0120―439817(携帯電話・PHS・公衆電話不可)、電話054―284―9821)へ電話で問い合わせてください。(メールなど他の方法では受け付けていません)
 このほか、静岡県内の公立図書館などでも過去の静岡新聞をご覧になることができます。詳しくは各図書館にお問い合わせください。
また、企業・団体向けには静岡新聞データベースの利用契約を承っておりますのでぜひご利用ください。個人向けにはG-Searchデータベースサービス(ジー・サーチ社提供)がございます。

「記念日新聞」「記事付き写真」を購入したい

静岡新聞社は「記念日新聞」「記事付き写真」を販売しています。
記念日新聞は指定の日の朝刊1面を表、同じ日のテレビ欄を裏面にしてラミネートフィルム加工したA3サイズで、記念日新聞のケース付き2000円(送料込み)。出産や子供の入学式、結婚や金婚式などの記念、お祝い、贈り物などにご利用いただけます。
また、写真と記事が一緒になった記事付き写真は、ラミネートフィルム加工のA4サイズで900円(送料込み)。対象は2009年4月1日以降の紙面。紙面に掲載された体裁でお分けします(一部、提供できない写真もあります)。貴重なアルバムの1ページに加えてください。
これまでの写真のみも引き続き取り扱います(「静岡新聞に掲載された写真がほしい」をご覧ください。)。

  問い合わせ、注文は静岡新聞読者ホットライン(日曜を除く午前9時~午後5時、フリーダイヤル0120―439817(携帯電話・PHS・公衆電話不可)、電話054―284―9821)へ。

静岡新聞に掲載された写真がほしい

新聞に掲載された写真については、個人の記録・保存用とする場合に、画質の劣化防止に効果のあるラミネート加工を施し、関係者に実費でお譲りするサービスをしています。
静岡新聞読者ホットライン(日曜を除く午前9時~午後5時、フリーダイヤル0120―439817(携帯電話・PHS・公衆電話不可)、電話054―284―9821)へ電話でお申し込み下さい。
A5判1枚300円、A4判1枚600円、A3判1枚1200円です。航空写真の場合はそれぞれ1000円増しとなります。別途、送料がかかります。
写真を特定する必要がありますので、できましたら何月何日の新聞(朝刊、夕刊)の何面に載ったかを調べていただいた上で、必ず電話での注文をお願いしています(メールなど別の方法では受け付けていません)。
「編集権」「著作権」「肖像権」などの制限があるため、お譲りできるかどうかは個々の写真について、担当者が電話を受けた時点で判断することになります。電子情報保存の技術的な理由でプリントを作れないケースも場合によりあります。これらの点をあらかじめご承知おきください。

静岡新聞にEメールで取材の依頼をしたい

webmaster@shizuokaonline.comにメールをお送りください。内容について確認をさせていただく場合がありますので、必ずご連絡先を明記してください。お送りいただいたメールは取材担当部署に転送します。

毎日、膨大な分量のメールが寄せられています。担当が本社以外の支社・支局に及ぶ場合もあり、日曜・祝日などを挟んだ場合は実際にメールが担当者の目に触れるまで数日かかる可能性もあります。大変恐縮ですが、なるべく余裕をもってお送りください。

なお、取材や掲載の採否は担当者が行います。その時々の日程や事情、他の催しや事件・事故の発生状況などもあり、いただいたメールすべてについて取材をさせていただいたり、お返事を差し上げることを保証するものではありません。あらかじめご理解ください。

小・中学校、高校の「新聞」について学ぶ講座に講師を派遣してほしい

県内の小学校、中学校、高校に社員を派遣し、新聞について理解を深めてもらう「出前講座」を行っています。
講座のテーマは「新聞の読み方」「新聞の作り方」「メディアリテラシー」などが考えられますが、具体的には学校側と相談のうえ決定します。
対象は学級を最小単位とします。申し込みフォームに必要事項を明記し、お申し込み下さい。

  詳しくはこちらをご覧ください

企業・団体・自治体の研修に新聞講座の講師を派遣してほしい

企業・団体・自治体の研修用に「新聞講座」を実施しています。
「なぜ新聞が必要か」「効率的な新聞の読み方」「記事を読む視点」「新聞を役立てるコツ」「新聞を使ったコミュニケーション」など、新聞の読み方を中心に講座を実施します。
講師派遣料は無料です。ただし当日の受講者人数分の新聞(1部120円)を購入していただきます。

  詳しくはこちらをご覧ください

Webサイト・携帯サイト

自分のホームページにリンクをはりたいのですが
トップページや各コーナー、特集のトップページなどへのリンクは原則として自由ですが、メールでその旨をご連絡ください。
詳しくはリンクポリシーをご覧ください。
Webに掲載されている記事や写真を転載したい
著作権についてをご覧ください。

SBSテレビチャンネル

YouTube

エネばな

静岡美人時計 モデル参加について >

ピックアップ

アットエス全体アクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
その他のアクセスランキングTOP10

住まいアイ

しごとの缶詰

マイベストプロ静岡

パンパカパンツ

徳川みらい学会

新聞購読の申し込み

こち女

おやこアットエス

静岡新聞NIE